このページは、一部のブラウザでは正しいレイアウトで表示されません。
このページを正確に御覧頂くためにも、お使いのブラウザを最新のものにアップグレードしてください。

相談・診療までの流れ

  1. まずは、東北大学病院精神科のSAFEクリニック担当までお電話ください。
    こころのリスク状態の可能性があるかどうか、簡単な質問をさせていただきます。その上で、初回相談日の予約を相談いたします。事前にe-mailで問い合わせることも可能です。
  2. 東北大学病院3階の精神科外来へお越しいただき、受付にお名前をおっしゃった上で、「SAFEクリニックで先生と約束して相談に来ました」と伝えてからお待ちください。
  3. 担当者が来ましたら診察室で面接を行います。
    困っている症状や問題について詳しくお話をうかがい、症状を評価するために必要な検査を実施することで"こころのリスク状態"であるか、あるいは"精神症(サイコーシス)"であるか判定をします。
    当外来の対象となる診断基準にあてはまるかどうか、その状態についての説明を行います。
  4. 治療が必要と判断され、継続的な治療を希望される場合には、認知療法などのカウンセリング、
    必要に応じた薬での治療などを引き続き行います。診療の中には、定期的な症状の評価も組み込まれています。
    また、ご家族に対しては、病気への理解を深めて頂くための説明や相談をいたします。
  5. こころのリスク状態、あるいは初回精神症(サイコーシス)の基準に当てはまらない場合には、原則的に当外来での治療を行うことはできません。
    最寄りの医療機関で治療を受けていただくなど、その後については可能な範囲でご相談に応じます。
  • 初回相談は原則的に無料ですが、相談・診療を継続する場合には通常の治療費がかかります。
  • 皆さんの診断に十分な時間をいただくため、完全予約制になっています。
    相談をご希望の際には必ず事前に「SAFEクリニック」までご連絡下さい。

相談・診療までの流れ