このページは、一部のブラウザでは正しいレイアウトで表示されません。
このページを正確に御覧頂くためにも、お使いのブラウザを最新のものにアップグレードしてください。

診療について

SAFEクリニックでは、話し合いによる相談を大事にします。

  • 悩んでいる症状や自分では気づいていない症状を含めて、詳しくお話しを聞きます。
  • ご本人がもっとも苦しんでいる症状や問題に焦点を当てるようにします。
  • 認知療法の考え方をとり入れた治療を心がけています。

SAFEクリニックでは、できるだけ薬は少なくするよう心がけています。

  • 困っている症状をやわらげるために、薬を使うことが必要な場合もあります。
    その場合は、できるだけ少ない種類、少ない量での治療を心がけています。
  • こころのリスク状態では、薬が必要でない方もいます。
  • 精神症(サイコーシス)の場合には、お薬による適切な治療が必要となります。お薬については、ご本人とよく相談し、詳しい説明を行いながら用いるようにいたします。
  • お薬を飲む場合には、しばらく飲み続ける場合もあれば、しばらく飲んで止める場合もあります。

SAFEクリニックでは、脳の働きを評価するための検査を行います。

  • こころのリスク状態では、注意力、集中力、記憶力などが低下している時があります。
  • 必要性やご希望に応じて、心理検査、認知機能検査、脳の画像検査(MRI)、脳波検査などを行うことができます。

SAFEクリニックでは、診療に必要な時間を十分とるようにします。

  • 最初の数回は、詳しい聞き取りや、検査のためにおよそ2時間くらいの時間が必要です。
  • 通常の診療は、必要に応じて20分~50分くらいで行われます。

SAFEクリニックでは、分かりやすい説明を心がけ、ご家族に対する相談も行います。

こころのリスク外来では、調査協力をお願いすることがあります。

  • 診療で得られた情報は、今後の診療の進歩に役立てる調査のためのデータとして用いる場合があります。
    情報はプライバシーに配慮し、個人情報に配慮した形で整理、使用されます。
  • 調査は説明と同意にもとづいて行われ、同意が得られない場合でも診療に支障が出ることはありません。

初回の相談は原則無料ですが、初回から治療が必要な際には診療代がかかる場合があります。また、定期的な通院では、保険診療にもとづく通常の診療費がかかります。