このページは、一部のブラウザでは正しいレイアウトで表示されません。
このページを正確に御覧頂くためにも、お使いのブラウザを最新のものにアップグレードしてください。

Q&A 治療・症状について

Q SAFEクリニックとはどんなところですか?
A SAFE(セーフ)クリニックは、東北大学病院精神科内にある"サイコーシス"、"こころのリスク状態"のための専門外来です。"サイコーシス""こころのリスク状態は"若い人に多いこころのトラブルで、それを出来るだけ早く見つけて、必要な相談や治療を行うことを目的としています。検査や治療、その他の支援を専門スタッフ(医師、看護師、臨床心理士、精神保健福祉士)が行います。
Q どんな人が対象ですか?
A 14歳から35歳までの方で
  • サイコーシスになって、まもない方
  • サイコーシスのリスクのある"こころのリスク状態"の方
が主な対象となります。上記の診断や状態かどうかの判断は慎重に行う必要があるため、まずは詳しくお話を聞いた上で、今後の対応についてよく相談させて頂きます。受診した方がいいのかどうかを迷われている場合でも、SAFEクリニックにお問い合わせください。
Q ホームページの症状にあてはまっているのかよく分かりません
A 状況をどのように言葉で表現したらよいのか分からないという方はたくさんいらっしゃいます。ホームページでは典型的な症状を詳しく紹介しておりますが、人によっても症状のパターンは様々で、紹介しているもの以外の症状もあります。まずはSAFEクリニックにお問い合わせください。
Q 診察や検査はどのようなことをするのですか?
A 診察は医師や心理士との面接が中心です。専門的な検査としては脳画像検査(主にMRI検査)、こころの様子をみる心理検査、頭の働きをみる認知機能検査を行うことがあります。また、身体の病気がないかどうかチェックするために身体診察や血液検査などを必要に応じて行います。
Q どのような治療があるのですか?
A 本人やご家族と十分に相談しながら、ひとりひとりの状態合わせて治療を行います。面接による治療を大切にしており、皆さんの困っている症状や問題を解決するための方法を一緒に考えていきます。カウンセリングの中で認知行動療法を利用したり、必要な場合にはお薬処方したりすることもあります。また就学・就労や復学・復職についての支援、ご家族との相談も行っております。